2020年03月14日

時々、行方不明者が出る。

ある時の町内放送。

「○○警察署からお知らせします。
 ○○町○○の○○○○さん、男性82歳の行方が、
 昨夜からわからなくなっています。
 ○○○○さんは、
 身長160センチ、体重50キロ程度。
 灰色の作業服を見ている模様です。
 お心当たりの方は、
 ○○警察署までご連絡ください」。

行方不明者を探すための放送です。

2、3年に1回程度は、こうした放送を聞いています。

認知症で徘徊した人や崖からの転落などが多いようです。

しばらくすると、再度放送がかかります。

「○○警察署からお知らせします。
 行方不明になっていた男性は、先ほど、
 無事が確認されました。
 ご協力、ありがとうございました」。

この放送を聞くと、知らない人とはいえ、
良かったなぁ〜と安心します。

しかし、別の放送がかかることもあります。

「○○警察署からお知らせします。
 行方不明になっていた男性は、先ほど、
 発見されました。
 ご協力、ありがとうございました」。

この場合、すでに亡くなっていたということです。

こんな放送を時々聞くことになるのですが、
田舎であることを再認識してしまいます。

都会なら、誰かに見つけてもらえる徘徊も、
山の中では見つかりにくいのです。

崖から落ちていたら、
何年も発見されないこともあります。

これが、田舎なのです。

Iターン者の中には、
リタイア後にやって来る人が多いので、
さらに歳を取った時のことも考えておく必要があります。

危険が多い場所は避けるべきです。

田舎暮らしが楽しくて、活動的になるのは良いのですが、
歳を忘れて、無理をしてしまうことの
ないようにしてください。

posted by 遊酔 at 15:39| Comment(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。