2018年04月23日

いつかは都会にUターン!?

私がIターンをして、21年目になろうとしています。

山村の暮らしが当たり前の日常となり、
安住の地であることを無意識に感じているところです。

しかし、歳のせいか、身体に少しずつ異変が起こり始め、
ある不安が頭をよぎっています。

いまは軽い症状のものばかりなので、
時々病院に通ったりしながらも、元気でいます。

もし、もっと歳を取ったら、
身体が言うことを聞かなくなったら、
車の運転ができなくなったら……。

そんなことを考えると、いま住んでいる場所では、
かなり不便であることがわかってしまいます。

病院が遠い。
買い物をする場所が遠い。

買い物に関しては、
ネットスーパーや移動販売などがあるので、
何とかやりくりすることはできます。

しかし、病院を我慢することはできません。

突発的な症状だけで済むなら、
タクシーを利用すれば良いのですが、
通うとなると金銭的に厳しくなります。

バスを利用するとしても、
山奥からだと想像を超える金額になります。

また、バス停までの距離を考えると、
歳を取ってからでは、病気を悪化させてしまいそうです。

夫婦ともに車を運転できれば、
ある程度の年齢までは対処できますが、
やはり危険なので避けた方が良いとなると、
通うことは難しくなります。

それだけではありません。

どちらかが老人ホームに入ることになった場合、
車の運転ができなければ、会いに行くことも無理です。

こうしたことを考えていると、
いつかは便利な市街地に
移らなければならないのではないかと思います。

私も移住した頃は、まったく考えていませんでした。

身体の不調が出てきて、
その現実に少なからずショックを受けています。

本気で考えておかなければいけなくなってきたのです。

もしくは、いまの暮らしをそのまま続けるために、
自身の最後に、ある覚悟をしなければいけません。

非常に難しく、悩ましい選択です。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 16:24| Comment(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。