2018年01月17日

新参者が意見を言うのは、30年早い!

新年の初集会でのこと。

区費の値上げについて、
区民の了承を得るためのお話がありました。

私からすると、驚くほどの預金があるにも関わらず、
「少なくなってきたので、区費を値上げしたい」
というのです。

特に使途が決まっているわけではありません。

その話の中でひとりのババアが、いやおばさまが、
「これからの若い人のために、
 残しておいてあげるべき。私はそう思います」
と発言。

誰かが頷く様子もなかったのですが、
それで値上げは決定です。

年間6000円から8000円になりました。

その時の私の心の声。

「どこに若い人がおんねん。
 これからも入ってくるわけないやん」。

当然、言いませんよ。
言ってしまうと、我が家は村八分になります。

都会からの移住者がやってしまいがちな失敗が、
「意見を言うこと」です。

都会から来た人の言うことは、
ほとんどの場合が正しいことです。

理屈の通ったことを言っています。

しかし、それは田舎では通用しません。

田舎の人の考え方は、理屈ではありません。
昔から変わらぬ“決まり事”なのです。

お金は貯めておくもので、遣うものではありません。
なので、出費する際には話し合いが長引くのです。

都会の常識を振りかざしてはいけません。

集会などで、新参者が意見を言ってはいけません。

30年くらい経って、
その土地の住民だと認められてから、発言してください。

もし、意見を求められたら、
当たり障りのないことを言いましょう。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 15:01| Comment(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。