2010年04月03日

集落には、いろんな問題が起きる。

やって来ました、新年の地区初集会が。あ〜あ、イヤだ。
といっても、会計報告と区長・副区長・班長決めなどの
簡単な話で終るのですが。
いつもなら、3〜40分で終りです。

が、今年は違っていたのです。
まさかこんなことになろうとは、
誰が予想したでしょうか。

会計報告が終り、つぎに区長決めです。
これは前もって選出されており、
それを承認するだけなので、すぐに決まりました。
パチパチパチ。

そして次です、問題は。
新区長が、副区長を指名し、それを承認するのです。

まわりは“それでいい”。
本人も“ぼくで良ければ”となったのに、
ひとりの長老が、「○○(名前)は、まずいんちゃうか」
と言い出しました。本人を目の前にして。

過去のことらしいのですが、
「○○は、何でも勝手にやってしまうクセがある。
 みんなで相談せんとあかんのに」。

そう言われると、本人の顔も赤くなり、反論し始めます。
これは当然でしょう。
みんなの前で侮辱されたのですから。

すると、長老はしゃべりまくり、怒鳴り出す始末。
昔のことをあれこれ持ち出し、あげくの果てには、
その人が役場に勤めていたということで、
「役場にいた人間はあかん」とまで言うのです。

その場にいない役場勤めの人の名前まで出てきて、
「あいつもあかん」です。

もう一人の長老が“まあまあ”と治めようとしても、
「おまえは財産区の区長で、行政区の区長違うやろ。
 何偉そうにしゃべっとるんや」となりました。

♪もう、どうにも止まらない♪(かなり古い)

「慌てて決めんでも、選考委員を選んで
 じっくり決めればええ。おまえらは、
 なんで一人の意見を押さえつけようとするんや」。

誰も1人の意見を無視して、決めようとはしていません。
こんなことを言い出すと、何も決まりません。

私まで腹が立ってきました。
“区長が決めたんやから、それでええやないか。
区長を承認したやないか。それやったら、従えよ”。

その人が、悪いことをしたとか、
信用できないということでは無いのです。
他の人は、その人にお願いしたいのです。

こうなっては、その人にはお願いできなくなりました。
そりゃそうです。
本人もそこまで言われては、やりたくはありません。
あまりにも失礼です。

長老だからといって、
怒鳴って威圧するのはよくありません。
他の人の声さえ、聞こうとしません。

これでは、集落の決め事はまとまらなくなります。
どうにもこうにも収拾がつかなくなり、
後日相談ということになりました。やれやれ。

さて、その席に新移住者がいたのです。
ご夫婦で来られたのですが、
さぞかしイヤな思いをしたことでしょう。
来て早々、田舎の泥臭い場面に遭遇したのですから。

まだ、住民票を移されていないとのこと。
考え直すなら、いまのうちです。
特にこのご夫婦の住まいは、
密集しているところですから、可愛そうに。

移住するなら、集落から離れましょう。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/145484627
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック