2010年03月25日

餅まきなんか、行かないぞ。

田舎のおばはんは、恥も外聞も無い。ドあつかましい。
あまりのことに、呆れるやら、腹が立つやら。

何のことかって?
集落の“餅まき”に行った時のことです。

全国各地にある風習ですが、
正月用(?)のお餅をみんなで拾うのです。
なぜか、お菓子やカップラーメンがあったりしますが。

子供たちの何人かが前の方に座って
一生懸命に拾おうとするのですが、
まわりのおばはんたちが、
あまりにもひどい取り方をするので、
怒鳴りたくなるほどだったのです。

お餅はいいとしても、
スナック菓子の小袋が何個かまとまって投げられた時、
1人の子供の前に2ついっしょに落ちたのです。

子供が取ろうとした瞬間、
あるおばはんが2つを一度に取ってしまったのです。

普通、そんなものは子供に取らせるもんでしょ。
せめて1つは取らせてあげようとするでしょ。
その気配がまったくありませんでした。

その素早い動き、というか汚なさを見て、
もう呆れ返りました。1人や2人ではありません。
その場にいるおばはんの半分以上が、そんな状態です。

その年は行くのをやめようかとも思っていたのですが、
同じ移住組の人に誘われたので、
仕方無く行ったのです。

やはり、都会人にはそんなマネはできません。
恥ずかしいのもあるし、
そんな浅ましい姿を人に見せるなんてできません。

移住組は、目の前に落ちたものだけを
そろりと拾い上げるだけ。
よって、あまり収穫はありません。
一部のおばちゃんたちは、
そんなハシタナイことはできないようでしたが。

中には、私の足もとに来たものまで手を延ばす
『ばばあ』もいました。

このばばあは、場所をどんどん移動して、
あちらこちらで強奪を繰り返していました。
おばはんとも呼べないほどの悪(わる)です。

また、一部のおっさんもおばはんに変身していましたが、
やはり男にはなかなかできないことでしょうか。
ほとんどの男たちは、ゆっくりとした動きでした。

私の息子は、お餅少々とスナック菓子の小袋1つ
しか取れませんでした。

投げる人たちは、子供たちの取れるような場所に
落としてくれているのに、これだけだったのです。
他の子供たちも同じようなものでした。

おばはんたち及びばばあは、スーパーの袋いっぱいに
獲物を詰めて帰って行くのでした。
もう、行かない!


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック