2010年03月16日

日本の林業は、もうダメです。

木工をしているので、
林業について考えることがあります。
ハッキリ言って、日本の林業はもうダメです。

海外からの輸入材が驚くほど安いため、
国産材を使うメリットが無いのです。

私の町の森林組合など、輸入材を買ってきて、
木材に加工して販売しているのです。
山の中なのに、まわりの木を使わないのです。

採算が合わないからだそうです。
木を切り出すには、手間と人件費、運搬費が
かかりますが、林業者がそれらに利益を上乗せして
買い取ってもらう時には、
かなりの金額になってしまいます。

さらに、森林組合がその木を加工して販売する時には、
とんでもない価格になります。
すると、その木材は売れないので、組合としては、
まわりの木は買えなくなるというわけです。

私が町に来て最初に驚いたのは、山の中には、
切り倒した木がたくさん放置されていたことです。

使いやすく、運びやすい大きさに切られた木は
組合などに持って行くのですが、
残りの部分は、そのまま腐らせてしまうのです。
手間がかかる上、高く売れないからです。

これを見た時、間伐材で割りばしを作ったからって、
何になるんだと思いました。
これほど国内の木を無駄にしておきながら、
海外の森林破壊に荷担しているこの国は、
いったい何なんだ。

結局は企業が儲けるために、
海外から安い木を買い過ぎるから、
こうなるのではないのか。 

だからといって、
日本の住宅が安くなっているとも思えません。

「2×4」や「プレハブ建築」など、
工法を変えることで多少は安く建てることは
できるようになったのでしょうが、
価格はあまり変わりません。

住宅メーカーや工務店、大工、不動産屋たちが、
儲け過ぎているのではないのか。

今の住宅は、昔のような難しい技術を必要としていない。
なのに高い。
この人たちが、もう少し儲けを削って国産材を使えば、
もっと日本の林業は良くなるように思うが、
どうでしょうか。

現在の家を建てる技術なんて、
私が木のおもちゃを作る技術とさほど変わりません。
物が大きいだけです。

つまり、私が働く時間と大工さんが働く時間の時給は
同じでもいいわけです。

しかし実際は、私が1日がかりで
3〜4個のおもちゃを作って合計1万円で売ろうとすると、
高いと思われます。

大工さんが1日、休憩時間もゆっくりとって
働いたとしたら、2万〜2万5千円の日当となります。
(地域や住宅の種類によっても変わりますが)

住む家とおもちゃをいっしょにするのは
無理がありますが、
明らかに大工さんが儲けていることがわかります。

少しひがみ根性が入っていますが、
住宅関係は高いということを言いたいだけです。ハイ。

国産材を使おう! 地元の木で家を建てよう!
などと、行政も言うようになってきましたが、
ムダだと思います。

企業が儲けを優先する限り、国産材を使えば、
それだけ販売額が高くなるだけです。
消費者は当然、安い方に眼が行きますから、
そんなものには手を出しません。

私が考える改善策としては、
50年我慢する覚悟で広葉樹を植えることです。
付加価値の高い広葉樹なら、
多少高くても売れるはずです。

まあ、目先のことしか考えない日本人には
できないことでしょうが…。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/143772995
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック