2010年02月12日

自分で仕事を作る。vol.2

うちから1時間ほど奥に入ったところに、
紙漉きをしているご夫婦がいます。
廃校になった校舎を借りて、
工房兼住居として使っています。

どちらかというと、芸術的作品を作られていますが、
日常使いの商品も作っています。

この方は、田舎暮らしの超ベテランなのですが、
モノ創りをしたい人たちをこの町に呼んで、
「芸術村」のようなものを作ろうと
頑張って来られました。
少しずつ人が集まり、そのまとめ役となられています。

私の町に、若い夫婦で陶芸をされている方がいます。
食器だけで無く、照明器具などにもチャレンジし、
さまざまな作品を生み出しています。

それで食べて行けているかどうかは知りません。
アーチストや作家になるのは、簡単ではありません。

私の町で、炭焼きの研修が始まりました。
「研修が終ったら、村に住み、炭焼きをする」
という条件で、研修は無料で行なわれています。

炭焼きをしながら、田舎暮らしができれば、
それは素晴しいことだと思います。
誰に気がねすることも無く、
自分のペースで生きて行けます。

しかし今、炭は外国産が多く輸入され、
町の炭も余っている状態です。
研修に来ている人たちが、独り立ちする頃には、
仕事があるのかどうか。

自然の中だけれど、人が来るような場所では無いところに
開店している「蕎麦屋さん」が、今流行っています。

不便な場所だからこそ、人々は行きたがるのです。
もちろん、美味しいという評判が無ければ行きませんが。

すぐには手に入らない苦労を人々は味わいたいのです。
それゆえに、食べた時の美味しさは、格別なのです。
本当に美味しいかどうかは別のような気がしますが。

「そば」というのは、私もそうですが、
“おっさん”がなぜか心ひかれ、打ちたがるようです。
そば打ち教室などは、おっさんだらけです。

リストラの多い今日では、好きだというだけで、
そちらの道へ進みたがる方も結構います。
まあ、本人の自由ですが、
自分の味覚のセンスをよ〜く考えてみましょう。

農家レストランはどうでしょう。
その土地のものを土地の料理法で提供するのです。

都会の人は、地元のものを欲します。
変わったものでも良いのです。

米の美味いところは、米にこだわり。
海の近くなら、魚介に。山の中なら、山菜や川魚。
しかも、地元の食べ方で。これが、成功する秘訣です。

その他にも、染め織りやハーブ関連、薫製づくり……
など、あらゆる可能性があります。

じっくりと計画を立て。しっかりと勉強して。
どっぷりと田舎に入り。のんびりと生きましょう。
たった一度の人生です。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック