2009年12月05日

田舎で役立つ民間療法を。

病院も遠いし、医療費も高い。
風邪くらいは自分で治しましょう。
いろんな方法をご紹介しますが、
私自身がすべて試したわけではありませんので、
ご了承ください。

■風邪かな?頭痛や寒気がしたら……

●梅干しの黒焼き
梅干し1〜2個をフライパンで
少し焦げ目がつくまで焼きます。
これを湯飲みに入れ、熱湯を注いで飲みます。

●みかんの黒焼き
皮を剥いたみかんを金網で丸焼きにします。
それを湯飲みかお碗に入れ、
しょうがのおろし汁数滴とみそ少々、
はちみつスプーン一杯を加えて、熱湯を注ぎます。
みかんをつぶしながら、かき混ぜて食べます。

●ねぎしょうが湯
ねぎの白い部分としょうがを煎じて、
熱いうちに飲みます。

●ダイダイ湯
ダイダイの果汁を絞り、湯飲みに入れます。
これに熱湯を注ぎ、砂糖を少し加えて飲みます。

●しその葉湯
湯飲みにしその葉を入れ、
熱湯を注いで飲むと発汗を促進します。

●スルメの黒砂糖煮
スルメを千切りにして、
黒砂糖小さじ1杯と3カップの水で煮ます。
約半分に煮つまったものを1日3回に分け、
暖めて飲みます。

寒い時は、お風呂に限ります。
それも昼間から入ると最高だぁ〜、です。
お風呂は、できれば湯船の大きなものにしたいですね。
光熱費や水道代は少々高くなりますが、
ゆったりできます。
うちの場合、家は小さいのに
お風呂だけは大きなものにしました。
短い時間しかいませんが、
大切な時間だと思ったからです。
窓を開けて景色を眺めると、温泉気分も味わえます。

■のどが痛いなあ〜と思った時は……

●きんかん湯
きんかんの実数個と氷砂糖と一緒に煎じ、
お茶のかわりに飲むと、喉の痛みが和らぎます。

●大根アメ
大根をさいの目切りしたものに、
水飴やはつみつをかけておくと、
大根がしぼんで透明な液体が出て来ます。
それを飲みます。

●黒豆湯
黒豆に砂糖または黒砂糖を加えて煎じます。
煎じた汁を飲むと、咳やのどの痛みに効果があります。

うちのお風呂は、経済的な問題や利便性を考えて、
電気温水器にしてしまいましたが、
灯油と薪の両方を使えるお風呂もいいかもしれません。
それは、薪が手に入りやすいからです。
散歩がてら拾い集めることもできるし、
森林組合や製材所などに行けば、
燃やす木がたくさんあります。タダでもらえます。
薪で風呂を焚くのは、なかなか楽しいものです。
小さな頃、祖父母の家でやった記憶があります。
五右衛門風呂だったので。

■どうも熱っぽいなあ〜と思ったら……

●卵酒
日本酒1カップを熱燗にし、卵1個を割り込み、
砂糖小さじ1〜2杯を加えて、
かき混ぜて寝る前に飲みます。
(私はこれを飲むと、なぜか二日酔いになります)

●はちみつレモン
レモンの絞り汁にはちみつを加え、
熱湯を注いで飲みます。

●しょうがくず湯
本くず粉に熱湯を注いでくず湯を作ります。
カップ1杯分のくず湯に対し、
しょうがのおろし汁ひとかけら分と
、大さじ1杯のはちみつを加え、熱いうちに飲みます。
(くず粉なんてどこに売っているんだ?
 かたくり粉でもいいと思います)

●タマネギのみそ湯
タマネギ5分の1ほどを細切りにし、
みそ小さじ1杯、はちみつ小さじ1杯と共に茶碗に入れ、
熱湯を注ぎ入れ、飲みます。

寒くなったら、枯れ葉をたくさん集めましょう。
腐葉土を作ることもできるし、
焚き火をして焼きいももできます。
腐葉土も焼いた葉の灰も畑に入れれば、
非常に良い栄養となります。
それに、寒い時に焚き火をするのは、
日本の原風景だと思います。
焚き火のできる田舎はすばらしい。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック