2009年11月18日

「田舎で必要な道具」を揃える。vol.1

都会では触ったこともなければ、
使い方もわからない道具が、
田舎では必需品だったりします。
地元の人が使っている道具をよく観察して、
少しずつでも揃えていきましょう。

■鋤(すき)と鍬(くわ)
畑をするためには、絶対に必要です。
元々畑だったところを耕すなら、
鍬だけでも大丈夫ですが、
そうでない場所なら、鋤がいります。
土地が固かったり、石が多かったり、
草木の根が這っていたりすると、鍬では対応できません。
しかも、丈夫なものを選びましょう。
少々値ははりますが。
私などケチったばかりに、先が曲がってしまい、
使いにくいったらありゃしない。
道具にはお金をかけましょう。
地元の人が使っているものを
見せてもらうと良いでしょう。

■長ぐつ
畑仕事や庭いじりには不可欠です。
丈の長いものが良いと思います。
短いと土や石がたくさん入って、痛いやら、汚れるやら。
できれば、口部分に布がついていて、
紐でしばるタイプのものが使いやすいでしょう。
土や石が入りません。ズボンも汚れにくいし。

■鎌(かま)
稲を刈るだけが鎌の役割ではありません。
背の高い雑草を刈ったり、
つた性の植物を切る時にも重宝します。
鎌は恐いと思われる方には、
ステンレス製のものをお奨めします。
刃の部分がのこぎり状になっていて、しかも軽い。
しかも安い。そのわりに良く切れます。
もし手が滑っても、大きな怪我にはなりません。
私も恐いので、これを使っています。
これを持参して、
ちゃんと稲刈りを手伝ったこともあります。

■剪定鋏(せんていばさみ)
盆栽を楽しむだけなら、昔からの剪定鋏で十分ですが、
ちょっと太い草や枝には力がいります。
そこで最新型を。といっても、
随分前からあるのかもしれません。
バネがついていて、力を入れなくても
少々のものは簡単に切れるタイプがあります。
1000円〜3000円くらいです。
ほんとに良く切れるのです。
私は持っていませんが、
地元のおじさんたちはみんな持っていて、羨ましい。
太さ2センチくらいの竹なら簡単に切れます。

■鉈(なた)
クラフト用に木の枝を拾って来たり、竹を切ったり、
山に入る人には必需品です。
田舎の人は、竹をうまく利用しています。
お祭りや葬式への利用、垣根づくりなどには、
竹を切って来ます。
腰に鉈をぶらさげている姿など、私は憧れてしまいます。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック