2009年11月13日

中高年以上が乗る自転車には、車で近づかないこと。

田舎だから歩道にあまり人がいないので、
そちらを走れば安全でいいのに、
必ず車道をふらふら走っています。

法律上では自転車は車道なのですが、
あまりにも危険なのです。

端の方に寄って、しっかりと走っていればいいのですが、
運動能力の低下によって、ふらふらしながら、
道路の中寄りを走ります。

車に乗っているこちらとしては、減速しながら、
対抗車線を走るくらいによけなければいけません。

なぜかと言うと、車が近づいたことに気づくと、
後ろを振り向き、確認するのです。

じゃあ大丈夫じゃないか、と思われるでしょうが、
これが問題なのです。
後ろを見る動作によって、さらにふらつき、
もっと道路の中央に寄ってしまうのです。
それを何度も繰り返します。

それなら、気づかないでいてくれる方が安全です。
といっても、後ろを見ずに突然横断する人もいますので、
気づかないのも困る場合があります。

気づかせるためにクラクションを鳴らすと、
それに反応して、
先ほどの必要以上後方確認動作を行います。

何をしても、危ない事に変わりはありません。
やはり、近づかないのが一番です。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/132798691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック