2009年09月15日

人付き合いが、最大の問題。

“田舎への入り方”をちょっと書いてみましょう。

「うちは、付き合いなどいらんわい」という方は、
何も気にせず、引っ越しましょう。
そうでない方には、ちょっとアドバイス。

まず、引っ越してからすることは、
第一に地区の「長」へのごあいさつ。
これを忘れることはできません。

田舎は第一印象で噂話が広がります。
家族全員で、笑顔を忘れず、
菓子折りなどを手渡すことが大切です。

それだけで「感じのいい人や」となり、
お付き合いがしやすくなります。

「家族の自己紹介新聞」などというものを
作ってもいいかもしれません。
家族構成・出身地・前住所・趣味などを
書いて渡しておけば、
後で根掘り葉掘り聞かれることも少なくなります。

また、相手も警戒せずに
親しみを持ってくれることでしょう。

私など、自分の地区より隣の地区の方が近いので、
そちらの区長にもごあいさつに行きました。
そのせいかどうかはわかりませんが、
隣の地区の人たちが親切にしてくれます。

次に、隣近所へのごあいさつ。
後先が逆ではないか? と思われる方もいるでしょうが、
田舎では区の長という存在が大きいのです。
長を立てることで、いろいろと面倒を見てくれるのです。

それと、道で人と出会ったら、
笑顔で“こんにちは”です。

話しかけて来ます。それで親しくなっていきます。
うちなどは、そのあいさつだけで、
どれほどの野菜をいただいたことか。
初めて会った人が野菜をくれるのです。
非常にうれしいことです。

それからは、笑顔であいさつを忘れません。
なんか浅ましいですが。

引っ越しで面倒なことに、
役場関係の手続きがありますが、ここでも笑顔です。

役場だから事務的でいい、と思わず、
にっこり話しましょう。
そして、町や村のことで知りたいことなどを
聞いてみましょう。

私はまず、区長の家を尋ねました。
親切に教えてくれましたよ、役場にしては。
少しでも話をすると、すぐに顔を覚えてくれ、
次からは名前を言わなくても、わかってくれます。

知っているというだけで、
ある程度信用してくれるのです。
また、役場で働いている人が、
近所の人だったりするので、
やっぱり笑顔は必要なのです。

田舎では、知らない顔がうろうろしていると、
上から下まで睨みつけるように見ていきます。
怪しいやつだ、と。

そんなことの無いように、「自己紹介新聞」には、
顔写真を入れるのもいいかもしれません。

私など、木工をしていることで
地元の新聞に載ったのですが、
それからは「木工をしている……」というと、
「ああ、あの人」となり、
笑顔の会話が生まれるのです。

田舎では、目立つことも生きやすさのひとつなのです。
目立ち過ぎると、お付き合いが忙しくなり、大変ですが。

あと、最初のうちは“散歩”をしましょう。
せっかく自然の中に来たのだから、
美味しい空気を吸って、
心と身体のリフレッシュをしましょう。

というのは、建て前です。
最初のうちは、と書いたのにも理由があります。

やはり、これもお付き合いのひとつなのです。
知らない人も「笑顔であいさつ」すれば、
もう知り合いです。

田舎ですから、またすぐに出会うことがあります。
田舎では、「知っている人」は、
よそ者ではありません。
自分たちの町や村の人なのです。

最初に印象が悪いと、仲間になるのが難しくなります。
すでに、噂は広がっています。
本人にそのつもりは無くても、笑顔を忘れ、
冷たい感じで接してしまったら、
にこりともしない人→冷たそうな人→感じの悪い人
→性格の悪い人→付き合いたくない人
→出て行ってほしい人、となってしまいます。

本当にあっという間です。
その方が“煩わしくなくていいや”と思われる方は、
そうしてください。

でも、それでは淋しい感じがしますよね。
ずっと暮らしていく場所だとすれば……。
みなさん、気をつけましょう。

人付き合いの苦手な私たちでさえ、
やっぱり付き合いは必要だと思っています
。誰にも相手にされないのは、いやですからね。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128097708

この記事へのトラックバック