2017年11月09日

「補助金詐欺」が横行する、田舎の影。

大分県弁護士会は、
母親の介護のためにIターンした男性が、
集落から「村八分」にされるなどの
人権侵害を受けたとして、集落に是正勧告を行いました。

事の発端は、男性が農業への補助金制度について
疑問に思ったことがきっかけ。

農地を開拓する際に出る国の補助金を
集落の5軒1組で受け取っていましたが、
1人が抜けて、この男性が代わりに入りました。

しかし、補助金はこれまで同様、
抜けた人に渡っていたのです。

疑問に思った男性が、役所に問い合わせたところ、
集落の人たちは顔を潰されたとして、
男性を「村八分」にし始めたのです。

「水路掃除」や「豊作祈願」、「秋祭り」の案内
などが配られなくなりました。

さらに、集落の構成員となることを拒否したのです。

この男性には何の非もないのに、
「村八分」にするあたりが、
いつの時代だと思えるような酷い出来事です。

しかも、農業をやめた人間が
そのまま補助金をもらい続けているのは、
明らかに「詐欺」です。

男性の権利を奪っているだけではなく、
行政をも騙しているのです。

この連中は、大きな罪を犯している
という意識はないのかもしれませんが、
「金に汚い」という意味では、
恥ずべき人間性の持ち主です。

田舎の人間の99%は、正直で真面目な人たちですが、
残り1%は信用できないかもしれません。

詐欺まがいのことをしているという話は、
よく耳にします。

私の親しい人は、補助金申請のために、
勝手に名前を使われたことがあります。

町の花を道路端に一定数以上植えれば、
補助金を出すという事業がありました。

グループごとに代表者が申請し、
補助金をもらうのですが、
その人はまったく話を聞いておらず、
お金ももらっていません。

後から、名前を無断で使われたことを知ったのです。

また、別の知り合いは、自家用に米を作っているだけで、
農家ではないのに、空き地(農地)があるからと、
減反による補助金を受け取っています。

「もらえるものは、もらっておこう」という
軽い気持ちなのかもしれませんが、
これらは明らかに「詐欺」です。


田舎には、さまざまな補助金制度があります。

特に農業関係は多いので、
こうした「詐欺」が増えるのではないでしょうか。

行政も見て見ぬ振りをしている節があります。
田舎は、揉め事を嫌いますから。

正義感の強い人が告発しようとすると、
必ず「村八分」になります。

田舎暮らしに憧れるような人は純粋な人が多いので、
「間違ったことは正したい」と考えてしまうのですが、
それを行動に移してしまうと、悲惨な結末を迎えます。

田舎で平和に暮らすには、影の部分を見ないことです。
知らなければ、腹もたちません。

納得できないかもしれませんが、
それが田舎で暮らすということです。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 16:26| Comment(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする