2017年07月19日

“憎っくき害獣”を初体験。

ある朝、我が家の小さな畑に行くと、
そこには信じられない光景が。

50センチほどに伸びていたとうもろこしと
いんげんの葉が、すべて食べられていたのです。

畑には鹿の足跡が。

これまで、我が家の敷地に
鹿が入って来たことはなかったので、
そのショックは想像を超えていました。

と同時に、メラメラと沸き上がる怒り。

鹿は何でも食べるらしいのですが、
ならば、その辺の草を食べれば良いのです。

食べるものがない冬場なら、
人間が里山を荒らした報いだと諦めることもできますが、
食べる草が豊富な夏に、
なぜ人の畑を荒らすのでしょうか。

里山の草より野菜の方が美味しいのかもしれませんが、
人に近づく危険を冒してまで、
来ることはないと思うのですが。

「人と野生の動物が共存できるように…」
などと言う人がいますが、私は被害にあって初めて、
その言葉が偽善であることを実感しました。

食べるものがあるのに畑を荒らすような鹿とは、
共存などできるわけがありません。

野菜づくりを生業にしている人が、「処分してくれ!」
と強い口調で言う気持ちは理解できます。

一所懸命に育てた野菜を食い荒らすやつらは、
敵でしかありません。

さらに私が腹を立てているのが、
とうもろこしといんげんがなくなったら、
次はきゅうりや茄子の葉を食べたことです。

一番美味しいものだけを先に食べて、
なくなると、別の日に別のものを食べるのです。

ある種類だけを諦めれば良いのなら、
別のものを育てるのですが、次々に食べ尽くすところが、
鹿の性格の悪さを表しています。

ミニトマトも実が青いうちは放置しておいて、
赤くなってきたら、それだけを食べるのです。

赤くなってきたら、
「もうすぐかなぁ〜」とワクワクするものです。
作る人間にとっては楽しみなのです。

それを鹿は容赦なく食べるのです。

許せません。

これは戦いです。

生温い理想論など、聞く気にもなりません。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする