2016年10月29日

ダニと共存する勇気はありますか?

ダニに噛まれたことが原因で、亡くなる人がいます。

「ダニ媒介脳炎」
「重症熱性血小板減少症候群 」
「日本紅斑熱」という病気のことをニュースで
見たことはないでしょうか。

特にウィルスを持っているダニに噛まれると危険です。

ダニはどこにでもいて、
ちょっと草のある場所を通るだけで、飛び移ってきます。

服につくだけなら、
家に入る前に払い落とせばいいのですが、
いつの間にか服の中に入り、身体にくっついたまま、
血を吸われたりします。

血を吸われるだけならいいのですが、
その際にウィルスが感染することがあるので、
注意が必要です。

都会にもいるのですが、
そんな経験をすることは滅多にありません。

しかし、田舎に住むと、ごくごく日常的なこととして、
受け入れなければなりません。

どれだけ気をつけていても、
身体にダニがついていることが多々あります。

私など、何度ダニがついていたことでしょう。

腕や脚、首、腹、股間にまで
へばりついていたことがあります。

幸い病気にはなりませんでしたが、
噛まれたところは痒くて大変です。

痕が残ることもあります。

散歩をすると、
ズボンにつくことは毎日のようにあります。

また、外で犬を飼っていると、
犬から移ってくることも多いのです。

最初の頃はイライラしましたが、田舎で住む限りは、
諦めるしかありません。

「身体にダニがついていたら、無理に取ろうとすると、
 皮膚に足が残ったりするので、
 病院で取ってもらいましょう」

という医師がいますが、
ダニがつく度に病院に行っていたら、
家計が圧迫されます。

それほど、よくあることなのです。

しかし、病気のこともありますので、
気になる方は行った方がいいでしょう。

田舎に虫が多いのは当然のことで、
それが耐えられないのなら、
田舎暮らしは考え直してください。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする