2016年05月18日

「猟師」と「猟犬」には気をつけて!

田舎では、害獣による農作物被害がひどく、
農家は困り果てています。

自分たちが食べる分だけを育てているところでは、
その対策にお金が掛かり過ぎるので、
作るのをやめてしまう人たちもたくさんいます。

行政が猟師を雇い、害獣駆除に取り組んでいますが、
最近は猟師も高齢化し、若いなり手もおらず、
なかなか進まない状況です。

田舎に住めば、当然、畑を作りたいと思うでしょうが、
野生動物から畑を守る方法を
考えておかなければなりません。
お金も掛かります。

この問題は、限られた地域の話ではなく、
日本全国どこでも同じです。

鹿・猪・猿が害獣の代表なので、
日本中にいます。
避けて通れない問題です。

害獣に関しては、もうひとつ大きな問題があります。
害獣以上に気をつけなければなりません。

害獣を駆除してくれる、
有り難い存在であるはずの猟師さんです。

地域のために頑張ってくれているのですが、
何ぶん高齢です。

山の中で、「物音がしたから」「何かが動いたから」
ということで散弾銃を撃ったところ、
倒れたのは人だった、という事故がよくあります。

判断能力が鈍くなっている上、冷静さを失い、
しっかりと確認もせずに、
山菜採りの人を殺してしまうのです。

ならば、狩猟期間に山に入らなければ良いのですが、
最近は害獣駆除のために、
一年中猟をしている地域もあります。

山に入るのなら、
ラジオや鈴を持って行く方が良いかもしれません。

もうひとつ、注意することがあります。

猟犬です。

基本的には躾けられている犬なので、
人を襲うようなことはまずありません。

でも、非常に言いにくいのですが、
田舎のじいちゃん猟師の中には、いい加減な人もいます。

躾が適当なこともあります。

そんな犬が放たれるのですから……。

また、人に危害は加えなくても、
飼い犬を襲うことがあります。

犬同士には相性があるので、躾云々は関係ありません。

猟犬に飼い犬を殺された方を私は知っています。

犬を連れて散歩している時も、注意が必要です。

犬同士がケンカになると、
止めようとする人に噛みつくこともあります。

興奮すると、自制が効かなくなるのです。

犬同士はケガをしない程度にケンカをする、
などと言うエセ愛犬家もいますが、
信用しないでください。

非常に危険な状態となります。

いなくては困る猟師と猟犬ですが、
猟をしている時は近づかない方が良いでしょう。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする