2010年01月11日

田舎には、○○が無い。vol.2

■美術館・博物館など
はっきり言って「文化度」は低い。
観てみようとする意識さえありません。
そんなところに、このような施設は不要です。
観光用の○○記念館とかはありますが、
そんなものは一度観れば十分です。
面白いものもありません。

■大きな書店
一番イライラしていることです。
私が興味のある関連の本は、ま〜ったく置いていません。
専門書など誰も読まないのでしょうか。
(かといって、私が専門書ばかり
 読んでいるわけではありません。
 そんな頭はありません)
置いているのは、雑誌と漫画、文庫、
広く話題になっている本ぐらいです。
こういう時は、都会へ行きたくなりますが、
交通費がかかってしまいます。
本は見てからでないと買えないので、
ネットではたまにしか買いません。あ〜イライラ!

■図書館
本屋さんに無いのなら、図書館に行こう。
と思うのですが、村には公民館の中の
図書室しかありません。
車で町の図書館へも行ったのですが、
そこでさえ、本が少ない。
置いているのは、いつ購入したものだ、
と思うくらいの古い本ばかり。
図書館なのに、専門書が非常に少ないのです。
誰も勉強しないのでしょうか。

■遊園地
自然があるからまあいいか、とも思うのですが、
やっぱり遊園地は楽しいところです。
私が子供の頃はよく行きました。
町の子供たちは可愛そうだと思います。
行ったことがある子供でも、
兄弟姉妹が多いので頻繁に行くことはできません。
だから、学校の遠足が遊園地になったりします。
村の子供たちにとっては、いいことだと感じます。
都会でも遊園地に行く学校が増えているようですが、
そちらは何か間違っているように思います。
しかしまあ、どこの遊園地も高いですね。
だから、人が来ないんだよ。

■公園
険しい山々に囲まれた田舎では、
遊ぶことが難しいのです。山に入る技術など、
田舎といえど今の子供にはありません。
せめて、遊具のある公園があれば……。
小さな子供を抱えたお母さんの
公園デビューもありません。

■道路の自然渋滞
渋滞している道の先頭は、必ず軽自動車です。
99%が軽トラック。
残りがおばあちゃんの軽自動車なのです。
見事にそうなのです。
ちょっと横に除けて先に行かせればいいのに、
おじいちゃんは頑固に走ります。
おばあちゃんは、後ろを見ていないので、
気づかないのです。
40キロ規制のところは20キロ、
60キロのところは40キロ。
ゆっくり過ぎるのも道交法違反なのです。
お歳だから仕方が無いのかもしれませんが、
もう免許証は返納して欲しいものです。
人のためにも、自分のためにも。

■プライバシー
「なんで、そんなことまで知っているの?」
ということはよくあります。諦めましょう。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする