2009年12月08日

どうして、こんなにムダが多いのか。

みなさんもテレビや新聞などで、
よくこの「ムダ」をご覧になると思います。

車のほとんど通らない高速道路や誰も利用しない施設、
建設が中断したままの空港、変な形をした公衆トイレ
……などなど、切りがないほど、
田舎にはムダがはびこっています。

大きなムダのほとんどは、
国会議員が地元にいい顔をしたいとか、
地元だけに利益をもたらすために行っているものです。
“国”の行政をあずかっているはずの議員なのに。

マスコミで散々叩かれているにもかかわらず、
このムダは無くなりません。
最近になって、やっと少しずつ変わろうとして来ました。
どんどんムダを無くして欲しいものです。

私のまわりにもムダは結構あります。
少し書いてみましょう。

ある集落で、道の舗装工事が始まりました。
これまでは舗装されていないだけで、
何不自由ない道でした。

その道の少し入ったところには、
2、3軒の家があるだけです。
しかも、その家の人もしくは
訪ねる人以外は誰も通りません。

そのために、近くを流れていた小川が潰されました。
本当に必要なのでしょうか。
私には、予算の消化としか思えません。

数年前、立派なトンネルが作られました。
数十億円を使って。
山の反対側の集落から役場方面、市街地方面に向かって、
便利に行き来するためです。

生活道路が1本しかなく、
何か災害が起きた場合を考えてのことなら
納得できますが、他にも道路はあります。
しかも3本。

国や県からお金が出ているのかもしれませんが、
それだけのお金があれば、
世界中のどれだけの飢餓が救えるか。
税金を何だと思っているのか。

しかし、田舎の人はそんな意識は持っていません。
「便利になった」「立派なトンネルだ」と
喜んでいるのです。自分たちの利益しか考えていません。

市町村合併の話をしている場にいたことがありますが、
「得するところと合併せんとなぁ」
と言っているくらいです。

その程度の意識でしか考えていないのです。
合併の本当の意味など知りません。

ちなみに私は合併に反対です。
合併することで国からお金がたくさん出て、
みんな豊かになる、などと言って
推進している人がいますが、信じられません。

使い道を考えずに、
ムダな施設を作るだけのような気がするからです。

それに、これは私だけかもしれませんが、
『村』という響きに魅せられて移住して来たのに、
「町」や「市」になったら、何だかがっかりです。
お金があれば、引っ越すかもしれません。

他にもムダはあります。
民族資料館のようなものがありますが、
いつも閉まっています。
表には貼紙があり、
「ご利用の方は、教育委員会まで……」
と書かれています。

普段、人が来ないので閉まったままなのです。
せっかく訪ねて来てくれても、
これでは帰ってしまいます。
しっかりとした日本建築で立派なものです。
もったいない。

まだあります。
「好色一代男」の作者の名をつけた公園があるのですが、
私は人がいるのを見たことがありません。

また最近、そこにその人の資料館ができたのですが、
展示しているものがお粗末。
どうして、作ってしまったのか。

河川の生き物を展示する水族館の話もあります。
建築模型はできているらしいのですが、
人が来るとは思えません。
まして河川だけですから。

よっぽどすごい施設で、すごい研究者が来る、
というならまだしも、中途半端では、
これまたムダとなります。
村には珍しい生き物がいる、
という話も聞いたことがありません。

山の上に、少し整備された公園があります。
子供たちは、1年か2年に1度授業で行くことがあります。

行くと楽しいらしいのですが、
普段はまったく行きません。
話にも出ません。それは山の上だからです。
行くには、それなりの根性が必要です。

田舎だから自然の中で遊べると思われるでしょうが、
急な山に囲まれた土地では、それは難しいのです。
夏なら川へ行けますが、その他の季節は、
あまり遊ぶところが無いのです。
まあ、最近の子供は田んぼなどでは遊びませんけど。

山の上に公園を作るくらいなら、
平らなところに遊具のある公園を作って欲しいものです。
この公園もあまり役立っているとは思えません。

最後に隣町のムダを……。
町のあちこちに、
高さ1メートル50センチくらいの“蔵”があります。
そこには週に何度か大型車がやって来て、
中にあるものを運び出しています。
その前日には、近くの人たちが袋をさげてやって来て、
その中に放り込んで行きます。

そうです。ごみ箱だったのです。あまりにもダサい。
まわりが城下町だとか、
蔵が多い古い町並みならまだしも、普通の町です。

しかも、これ1個が20万円もするそうです。
バカじゃないか。誰が言い出したのか。
誰も止めなかったのか。
田舎の役場はやることが違います。
自分の村でなくて良かった。

田舎には、このような「ムダ」がたくさんあります。
田舎の行政に、都会出身の議員を送り込むべきです。
少なくとも「ムダ」のブレーキを
踏むことはできると思います。

※現在は合併して、「町」になってしまいました。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

田舎で役立つ民間療法を。

病院も遠いし、医療費も高い。
風邪くらいは自分で治しましょう。
いろんな方法をご紹介しますが、
私自身がすべて試したわけではありませんので、
ご了承ください。

■風邪かな?頭痛や寒気がしたら……

●梅干しの黒焼き
梅干し1〜2個をフライパンで
少し焦げ目がつくまで焼きます。
これを湯飲みに入れ、熱湯を注いで飲みます。

●みかんの黒焼き
皮を剥いたみかんを金網で丸焼きにします。
それを湯飲みかお碗に入れ、
しょうがのおろし汁数滴とみそ少々、
はちみつスプーン一杯を加えて、熱湯を注ぎます。
みかんをつぶしながら、かき混ぜて食べます。

●ねぎしょうが湯
ねぎの白い部分としょうがを煎じて、
熱いうちに飲みます。

●ダイダイ湯
ダイダイの果汁を絞り、湯飲みに入れます。
これに熱湯を注ぎ、砂糖を少し加えて飲みます。

●しその葉湯
湯飲みにしその葉を入れ、
熱湯を注いで飲むと発汗を促進します。

●スルメの黒砂糖煮
スルメを千切りにして、
黒砂糖小さじ1杯と3カップの水で煮ます。
約半分に煮つまったものを1日3回に分け、
暖めて飲みます。

寒い時は、お風呂に限ります。
それも昼間から入ると最高だぁ〜、です。
お風呂は、できれば湯船の大きなものにしたいですね。
光熱費や水道代は少々高くなりますが、
ゆったりできます。
うちの場合、家は小さいのに
お風呂だけは大きなものにしました。
短い時間しかいませんが、
大切な時間だと思ったからです。
窓を開けて景色を眺めると、温泉気分も味わえます。

■のどが痛いなあ〜と思った時は……

●きんかん湯
きんかんの実数個と氷砂糖と一緒に煎じ、
お茶のかわりに飲むと、喉の痛みが和らぎます。

●大根アメ
大根をさいの目切りしたものに、
水飴やはつみつをかけておくと、
大根がしぼんで透明な液体が出て来ます。
それを飲みます。

●黒豆湯
黒豆に砂糖または黒砂糖を加えて煎じます。
煎じた汁を飲むと、咳やのどの痛みに効果があります。

うちのお風呂は、経済的な問題や利便性を考えて、
電気温水器にしてしまいましたが、
灯油と薪の両方を使えるお風呂もいいかもしれません。
それは、薪が手に入りやすいからです。
散歩がてら拾い集めることもできるし、
森林組合や製材所などに行けば、
燃やす木がたくさんあります。タダでもらえます。
薪で風呂を焚くのは、なかなか楽しいものです。
小さな頃、祖父母の家でやった記憶があります。
五右衛門風呂だったので。

■どうも熱っぽいなあ〜と思ったら……

●卵酒
日本酒1カップを熱燗にし、卵1個を割り込み、
砂糖小さじ1〜2杯を加えて、
かき混ぜて寝る前に飲みます。
(私はこれを飲むと、なぜか二日酔いになります)

●はちみつレモン
レモンの絞り汁にはちみつを加え、
熱湯を注いで飲みます。

●しょうがくず湯
本くず粉に熱湯を注いでくず湯を作ります。
カップ1杯分のくず湯に対し、
しょうがのおろし汁ひとかけら分と
、大さじ1杯のはちみつを加え、熱いうちに飲みます。
(くず粉なんてどこに売っているんだ?
 かたくり粉でもいいと思います)

●タマネギのみそ湯
タマネギ5分の1ほどを細切りにし、
みそ小さじ1杯、はちみつ小さじ1杯と共に茶碗に入れ、
熱湯を注ぎ入れ、飲みます。

寒くなったら、枯れ葉をたくさん集めましょう。
腐葉土を作ることもできるし、
焚き火をして焼きいももできます。
腐葉土も焼いた葉の灰も畑に入れれば、
非常に良い栄養となります。
それに、寒い時に焚き火をするのは、
日本の原風景だと思います。
焚き火のできる田舎はすばらしい。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする