2009年11月22日

「田舎で必要な道具」を揃える。vol.2

■刈払機(草刈機)
絶対に欲しいものです。
道路整備の人たちが草を刈っているのを
見たことはありませんか。
棒の先端に丸のこがついていて、
首から肩にベルトをかけて使っているものです。
ちゃんと整地され、砂利などを敷き詰めた土地なら
関係ないのですが、うちのように、
土砂を入れただけという土地の場合、
雑草の処理が大変なのです。
手で刈ると2人で1日掛かりなのですが、
草刈機を使うと、1〜2時間で終ってしまいます。
あっという間に終わります。
安いもので15000円くらいはしますが。

■はしご(脚立)
大きいものが欲しいところです。
家の修理や雨どいの掃除には必要です。
大きくなった木の剪定にも役立ちます。

■スコップ
庭いじりだけでなく、
落とし穴を作るためにも欲しいところです。??
スコップ部分と木の柄との接合部の
しっかりしたものを選びましょう。
非常に力がかかりますので。

■縁台・バルコニー・ベランダ
縁側のある家はいいのですが、
無い家なら、その代わりを作りましょう。
お茶をするためです。田舎暮らしの基本です。

■ざる
竹のざるは必要です。
梅干しや切り干し大根用はもちろん、
畑の収穫用としても欲しいところです。
スーパーのカゴやバケツでもいいのですが、
竹ざるの方が雰囲気や気分的にも
田舎している実感が持てます。
話は違いますが、田舎の家には、
なぜかスーパーのカゴがあるのです。
農業用としてホームセンターでも売っているのですが、
スーパーの名前が入っているものを使っています。
不思議だ!

■一輪車
曲芸用ではありません。
土砂などを運ぶ、ひとつタイヤの道具です。
両手で持って押して使うものです。
見たことはあると思います。あれば、便利です。
バケツなどを使えばいいのですが、
何度も往復するのは疲れますから。
慣れるまでには、ちょっと扱いが難しいのですが。

■犬
畑の作物を森の動物から守るためです。
ちゃんと躾をした犬に限りますが。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする