2009年11月18日

「田舎で必要な道具」を揃える。vol.1

都会では触ったこともなければ、
使い方もわからない道具が、
田舎では必需品だったりします。
地元の人が使っている道具をよく観察して、
少しずつでも揃えていきましょう。

■鋤(すき)と鍬(くわ)
畑をするためには、絶対に必要です。
元々畑だったところを耕すなら、
鍬だけでも大丈夫ですが、
そうでない場所なら、鋤がいります。
土地が固かったり、石が多かったり、
草木の根が這っていたりすると、鍬では対応できません。
しかも、丈夫なものを選びましょう。
少々値ははりますが。
私などケチったばかりに、先が曲がってしまい、
使いにくいったらありゃしない。
道具にはお金をかけましょう。
地元の人が使っているものを
見せてもらうと良いでしょう。

■長ぐつ
畑仕事や庭いじりには不可欠です。
丈の長いものが良いと思います。
短いと土や石がたくさん入って、痛いやら、汚れるやら。
できれば、口部分に布がついていて、
紐でしばるタイプのものが使いやすいでしょう。
土や石が入りません。ズボンも汚れにくいし。

■鎌(かま)
稲を刈るだけが鎌の役割ではありません。
背の高い雑草を刈ったり、
つた性の植物を切る時にも重宝します。
鎌は恐いと思われる方には、
ステンレス製のものをお奨めします。
刃の部分がのこぎり状になっていて、しかも軽い。
しかも安い。そのわりに良く切れます。
もし手が滑っても、大きな怪我にはなりません。
私も恐いので、これを使っています。
これを持参して、
ちゃんと稲刈りを手伝ったこともあります。

■剪定鋏(せんていばさみ)
盆栽を楽しむだけなら、昔からの剪定鋏で十分ですが、
ちょっと太い草や枝には力がいります。
そこで最新型を。といっても、
随分前からあるのかもしれません。
バネがついていて、力を入れなくても
少々のものは簡単に切れるタイプがあります。
1000円〜3000円くらいです。
ほんとに良く切れるのです。
私は持っていませんが、
地元のおじさんたちはみんな持っていて、羨ましい。
太さ2センチくらいの竹なら簡単に切れます。

■鉈(なた)
クラフト用に木の枝を拾って来たり、竹を切ったり、
山に入る人には必需品です。
田舎の人は、竹をうまく利用しています。
お祭りや葬式への利用、垣根づくりなどには、
竹を切って来ます。
腰に鉈をぶらさげている姿など、私は憧れてしまいます。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 15:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

お年寄りの車には、神様・仏様の心を持って。

はっきり言って、無茶苦茶です。
バカな若者の運転とは意味が違いますが、
自分勝手にもほどがある。

バイク同様、まわりの事など気にすることなく、
曲がりたいところで急に曲がり、
止まりたいところで急に止まる。

しかも、ウインカーなど、曲がりながら出す始末。
もっと早く出して欲しい。
出す人はまだましな方ですが。

対抗してくる車が知り合いなら、
突然止まり、窓を開け、話などしてしまう。
後ろに車が来ているのに。

田舎だからとしばらく我慢しても、なかなか終らない。
ときどき後ろの車を見ながら、である。

それに腹を立て、クラクションを鳴らす。
すると、またこちらを睨むように見て、
話している相手に対して、ちゃんと挨拶をしてから、
ゆっくりと走り出す。
こちらに詫びることもなく。

これは男に多い現象です。
また、男に多い動作として、よそ見があります。
まわりの車の状況には注意を払わないのに、
景色や人、何かをしている様子には、
事のほか関心があるようです。

あれは誰だ、これは何だ、
“野球をしているなあ”とよそ見ばかり。

ひどい人になると、
狭い道路で車がたくさん走っているにも関わらず、
車を止めて野球を見ていたりします。

まわりでは、車が渋滞です。
クラクションを鳴らしても、
無視するバカじじいがいます。
決して「おじいちゃん」と
呼べるような人間ではありません。

また、お年寄りの運転で怖いのは、狭い道路なのに、
対抗車が来ても端に寄る事ができないのです。
というより、端を通っているつもりなのです。

こちらが極力注意してよけるしかありません。
中央線を超えて来るなど、ごく普通の事です。
ほんとに怖いのです。

いずれにしても、文句を言って、
改善できるような数ではないので、
こちらが注意するしかありません。

シルバーのための講習などされるようになりましたが、
人や他の車がいない教習所でやっても、
何の意味もありません。

極端な言い方をすれば、
70歳以上は車に乗らない方がいいと思います。

「車がないと生活できない」と言うかもしれませんが、
仕事も引退している身なら、
なんとかなると思うのですが。

事実、私のいる地方では、
交通事故の3分の2程度が
お年寄りによるものなのですから。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月14日

まわりを一切見ない、お年寄りバイク。

お年寄りといっても、
都会と田舎ではイメージする年齢が違います。

田舎では、60代はまだまだ若僧です。70代が大人。
80〜90代でやっとお年寄りになります。

そんな人たちが、
モーターのついた機械を操作しているのです。
こんなことを言うと、叱られそうですが。

確かに元気で頭もしっかりしているのですが、
バイクに乗るには無理があります。
いくらゆっくり走っても、やはり機械の速さには、
身体がついていきません。
まわりの状況に反応できないのです。

前だけはしっかり見ているのですが、
横や後ろには、まったく注意が向けられません。
見る余裕が無いのです。

バックミラーなど見ません。
中にはついていないバイクもあります。

それにお歳のせいか、クラクションを鳴らしても
聞こえない場合すらあります。

“もう、乗るのはやめましょう”と言いたい。
自分では大丈夫だと思っても、
やはりまわりに迷惑をかけています。
せめて、村道ぐらいだけにして欲しいものです。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする