2009年11月30日

田舎の学校の話を少し……。

私のひとり息子が、小学生の頃のことです。

同級生は息子を入れて10人。全校生で40人ほどです。
村(当時)の小学校5つの中では、
一番人数が多いところです。

村で5つと聞くと多いようですが、
村の面積が広いので、そうなっているだけです。
他4つの小学校は、少ないところで、
全校生が20人に満たないのです。

廃校寸前の2、3人の学校とまではいかなくても、
除々に人数は減って来ています。
新入生が1人や2人というところもあります。

少しずつではありますが、過疎化は確実に進んでいます。
なぜ、少しずつかと言うと、
若い世代が都会へ出て行く+入って来ない。
反面、“老後を田舎で”という
年配の方が増えているからです。
若い人たちが入って来ないから、
当然、学校は人数が減るのです。

以前、村に3つあった保育所が統合されました。
極端に人数の少ない保育所があったり、
お母さんが働きに行きたいがために、
もっと小さい子供を預けたい、
などの問題で統合されたようです。

それまでは、『僻地保育所』という認定のもとに、
国か県かは知りませんが、補助金が出ていて、
すごく安く預けることができていました。
保育料が月に5000円でした。

しかも、住んでいる場所によって、
通所費用(交通費)が支給されていました。
うちの場合、1500円ほどをいただいていたので、
実質の保育料は3500円ほど。非常に助かりました。

でも、現在の保育所では、『僻地』の認定がなくなり、
収入によって料金が決まるのです。
それでも、街の保育所に比べれば、
すごく安いと思います。

都会のように「保育料のためにお母さんが働いている」
というようなことはありません。

しかし、私はここで考えてしまいます。
都会より安いとは言え、保育料が高くなると、
子供を作らない人たちが増えるのではないかと。

私と同じくらいの年代の人でも、
子供が3、4人というのは、普通のことなのです。
都会とは違います。
やはり、暮らしやすいからだと思います。

また、子供は「宝」なのです。私たちにとっても、
子供は「宝」なのかもしれませんが、
家族の一員としての存在です。

家族が楽しく暮らして行くためには
何が必要かを第一に考え、
環境面でも経済面でも充実させることを大切にします。

それが破壊されるようなら、
子供を作らないことも考えたりします。

しかし田舎では、次代を担う子供が中心の生活なのです。
自分たちのスタイルは関係ありません。
趣味がなく、娯楽が少ないことも
「子供」中心になる理由かもしれません。

その上、保育料が安いとか、
出産すれば村からお祝い金がもらえるとかが、
“子供を作りやすい”ことに
繋がっているようにも思います。

また、都会のような危険が少ないことも
理由となっています。親が無防備でいられるのです。

昔のように、「ほったらかし」なのです。
人間として、自然に生きている感じはします。
学習塾に行っている子供は、ほとんどいません。

習い事をさせている親はいます。
ピアノ、エレクトーン、水泳……。
でも、子供たちはすぐに飽きて、やめてしまいます。
遊んでいる方が楽しいのです。
その方が子供らしいと私は思います。

うちの息子は、何も行っていませんでした。
お金が無いこともありますが、
親が無理やり行かせても仕方が無いからです。

自分がやりたい、と言い出した時に
考えようと思っていました。

そんなことよりは、草花や虫の名前を知っているとか、
星のことに詳しいとか、釣りがうまい、など、
自然を知っている人間になって欲しいと思います。
そのための環境がまわりにあるのですから。

都会で頭でっかちになり、
ナイフを持ち歩くような人間になるようでは、
親として「人類という種」を
残したことにならないような気がします。

……と、あれこれ教育環境の良さを語ったところで、
若い世代は田舎に入って来ません。

現在たまたま農業や漁業、林業に
入って来る若者が増えているのは、
都会に仕事が無いからです。

景気が少しでも上向けば、状況はまた変わるはずです。
若い人にとっては都会は魅力的ですから。

話があちこちに跳んでいるので、学校に戻します。
村の小学校も統合の話が出て、現在はそうなっています。

しかし、当時は反対する人も多かったのです。
それは、子供たちの姿が
一時的にでも消えてしまうからです。

子供のいない集落
イコールさびれた淋しい所となるからです。

お年寄りたちはみんなが「子供は宝」と言います。
それくらい大切な存在なのです。
にぎやかな“声”が欲しいのです。

そのためには、村全体で若い世代が
入って来やすい環境を作らなければいけません。
働く場所や住む所を紹介できる体制づくり。

私の村では、ごく一部の人ががんばっていますが、
行政・民間企業のほとんどが何もしていません。
口では言っていても、
自分から積極的に動くことはありません。

特に行政。
公務員で自分の生活が安定している人間は、
村全体のことや他人のことなど、あまり考えません。
どこの土地でも同じようなものでしょうが。

結局は、市民レベルで動き出し、
うまく行きそうになると行政が後から顔を出し、
相乗りしてくることが多いのです。

私も何かを始めたいと思っています。
村のためではなく、村の「人」のために、
子供たちを増やすために。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月25日

動物たちとの出逢いは楽しい。

さまざまな森の動物たちとの出逢いについて、
お話しましょう。

12年間、動物たちの自然の姿を
ほんの一瞬ですが、見て来ました。

私たちが村に来て最初に出逢ったのは、蛇でした。
体長2メートルはありそうな灰色のやつでした。
蛇は何度か見たことはありましたが、
自然の中にいる、しかも巨大な蛇は初めてのことで、
ちょっとドキドキ。

こちらが何もしない限りは攻撃して来ませんが、
それは今だからわかることで、
やはり最初はビビりました。
静かにその場を去りました。

次に出逢ったのは、野うさぎの子供です。
森の方から道路を渡っていました。
森の方へ帰してあげようかとも思ったのですが、
自然の生き物に手を出すのはどうかと迷い、そのままに。

自然を破壊して道路を作ったのは人間だから、
もう手を貸すしかないという考え方もありますが、
難しいところです。

家のすぐ前の山で、何やらガザッゴソッ。
大きな音を立てています。
鹿です。野生です。当り前か。

家の前に鹿が来るなんて、少々興奮してしまいました。
鹿を見たのは、これが最初です。
鳴き声や物音は、たまに聞こえます。

奈良に行けば、人間に寄って来ますが。
鹿せんべい欲しさに、
首を縦に振って「ちょうだい」をします。
私はあまり好きではありません。関係ない話でした。

一番良く見かけるのは、たぬきです。
といってもご遺体ばかり。車にひかれた姿です。
夜行動するので、車の少ない道路に出て来るのでしょう。
生きた姿は3、4度見ただけです。

たぬきの走る姿は、非常に面白いものです。
不器用なのか、体の構造なのか、
足を大きく前に伸ばして走ることができないらしく、
ちょこまか、一生懸命に走ります。
逃げる姿を笑うのも失礼な話ですが、かわいいものです。

サルも何度か見ました。栗林を狙って下りて来るのです。
木の上の集団を見たこともありますし、
1匹だけのサルと睨み合いになったこともあります。

サルとは目を合わせてはいけないのですが、
目の前に現われたので、ついじっと見てしまいました。
でも、こちらが車だったので、
相手は逃げて行きましたが。

家の前で、動物が昇天していたこともあります。
しかも、腐っていたのです。何の遺体かはわかりません。
頭部3分の1が白骨化し、
毛皮はほとんど剥がれていたからです。

どうして、こんなものがあるのか。
とんびやからすが、運ぶ途中で落としたのか。
崖から転がって来たのか。不可解な出来事です。

気持ち悪いのを我慢して、なんとか処分しました。
都会生まれ、都会育ちの私には、
とてもショッキングでした。

車で走っていると、前方に生き物が。
たぬきか?
近づいて行ったのですが、相手は気づきません。
目の前まで行ってようやく気づき、こちらを見ました。

鼻べちゃな顔、茶色の毛皮。イタチでした。
びっくりして動けなかったのか、私とお見合いです。
よ〜く見ると、かわいいものですね。
ほんの3秒ほどでしたが、やっと逃げ出しました。
野生といえども、鈍くさいやつはいるものです。

とんでもなく山奥の道を車で走っていた時です。
ほんの一瞬なのですが、「にほんかもしか」を見ました。
特別天然記念物です。
家族に“あれ、何や”と言った時には、
もうその姿はありませんでした。私だけの感動でした。

田舎で良く見かける光景に、
とんびとからすの闘いがあります。
この方たちは、仲が悪いのですね。

からすがとんびに攻撃を仕掛けているようです。
縄張りの問題なのか、
からすがとんびの雛を狙っているのかはわかりません。
だいたいはとんびの劣勢です。
とんびの方が大きいのにね。
結構長く闘っています。

きじを見かけたことも3、4度あります。
美味しそうだと思う私は、いけない子?

田舎に来ると、自然動物園の中で
暮らしているような感じがします。
動物との出逢いは、本当に感動します。

正体のわからない動物も見かけますが、
それを調べるのも楽しいのです。

まだ、熊やふくろうなどは見ていないのですが、
ぜひ見てみたいものです。熊は恐いですが。

地球上に生きているのは、人間だけではありません。
そのことを田舎では実感できます。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

「田舎で必要な道具」を揃える。vol.2

■刈払機(草刈機)
絶対に欲しいものです。
道路整備の人たちが草を刈っているのを
見たことはありませんか。
棒の先端に丸のこがついていて、
首から肩にベルトをかけて使っているものです。
ちゃんと整地され、砂利などを敷き詰めた土地なら
関係ないのですが、うちのように、
土砂を入れただけという土地の場合、
雑草の処理が大変なのです。
手で刈ると2人で1日掛かりなのですが、
草刈機を使うと、1〜2時間で終ってしまいます。
あっという間に終わります。
安いもので15000円くらいはしますが。

■はしご(脚立)
大きいものが欲しいところです。
家の修理や雨どいの掃除には必要です。
大きくなった木の剪定にも役立ちます。

■スコップ
庭いじりだけでなく、
落とし穴を作るためにも欲しいところです。??
スコップ部分と木の柄との接合部の
しっかりしたものを選びましょう。
非常に力がかかりますので。

■縁台・バルコニー・ベランダ
縁側のある家はいいのですが、
無い家なら、その代わりを作りましょう。
お茶をするためです。田舎暮らしの基本です。

■ざる
竹のざるは必要です。
梅干しや切り干し大根用はもちろん、
畑の収穫用としても欲しいところです。
スーパーのカゴやバケツでもいいのですが、
竹ざるの方が雰囲気や気分的にも
田舎している実感が持てます。
話は違いますが、田舎の家には、
なぜかスーパーのカゴがあるのです。
農業用としてホームセンターでも売っているのですが、
スーパーの名前が入っているものを使っています。
不思議だ!

■一輪車
曲芸用ではありません。
土砂などを運ぶ、ひとつタイヤの道具です。
両手で持って押して使うものです。
見たことはあると思います。あれば、便利です。
バケツなどを使えばいいのですが、
何度も往復するのは疲れますから。
慣れるまでには、ちょっと扱いが難しいのですが。

■犬
畑の作物を森の動物から守るためです。
ちゃんと躾をした犬に限りますが。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする