2009年09月03日

テレビは、やっぱり見たいですよね。

今どき、どこだってテレビくらい
見ることはできるでしょ、と思っているあなた。
甘い!

新聞裏面のテレビ欄に載っている番組を
うちは見ることができなかったのです。

これは大失敗でした。
まさか、今どき?と私は思っていたのです。
というより、映らない可能性など、
考えてもいなかったのです。

不動産屋さんもそんな話はしなかった。
聞いていたら、別の場所になっていたかもしれません。

のんびりと田舎暮らしをするのに、
テレビなんかいらないでしょ、
と言う方もおられるでしょうが、
やっぱり情報は欲しいです。

それにうちには当時3歳の子供がいたので、
流行っているアニメを見せてやれないのも
ちょっと可愛そうな気もします。

1、2ヵ月なら我慢できても、
これから先ず〜っとでは……。

私は「田舎で文化的生活を」を信条としていますので、
それなりにアンテナを張っていたいのです。

で、衛星放送(CS)を設置したのでした。
毎月お金はかかりますが。
これなら、ある程度の情報や楽しさは確保できます。
地上波のアニメは無理ですが。

近くの集落の共同アンテナから
ひいてくることもできるのですが、
加盟金やひいてくる工事代金が高いので、
あきらめました。

※現在は、ケーブルテレビがやってきて、
 普通に地上波を見ることができています。

他に留意しておくことは……。

陽当たりや日照時間のことを考えておきましょう。
陽当たりが悪いと、白アリ、ゴキブリ、
ムカデなどで悩むことが多くなります。

日照時間が短いと、
畑を作っても生育が非常に悪くなります。
まったく育たない野菜もあります。

それに、せっかく田舎に来たのだから、
広いところに洗濯物やおふとんも干したいですよね。
太陽の光をいっぱい吸ったおふとんは
気持ちいいもんです。

また、明るい部屋は、気持ちまで明るくします。
冬など、縁側に座って日向ぼっこするのもいいですね。
うちには縁側がありませんが。ハハッ。

みなさんが家を借りたり、古い家を購入する場合は、
家の状態をよく調べるのは当然ですが、
陽当たりはどうか、
また、森や林に接近し過ぎていないかを見てください。

緑が近くにあり過ぎると、
夏にやぶ蚊が多くて大変です。ムカデも多い。
さらに、タヌキやサルが出没する可能性も高いのです。

話は変わりますが、もし新築されるのなら、
古い家の土間や縁側に変わるような場所および
部屋を作ることをお奨めします。

なぜか? 人が来るからです。
突然です。そのためにも、接客場が欲しいところです。

急に来られても困らない場所があれば、
イライラすることもありません。
田舎に来てわかったことなので、
うちにはそんな場所を作っていません。
玄関先に縁台でも置こうかと考えています。

また、土間があれば、何かと便利なのです。
収穫した野菜を置いておけるし、
クラフト用に拾ってきた木や枝、石ころなども置けます。

田舎の古い家はよくできているものだなあ、
とつくづく感心します。
家を建てる場合は、
参考にしてもいいのではないでしょうか。

え〜と、他にチェックすることは……

そうだ。電話はすぐにひいてくれます。

病院も近くにないと困ります。
特に老後を田舎で、
と考えている方は注意した方がいいです。

まずは、小さくても診療所程度のものが近くにあること。
さらに、車でもいいから、
30〜40分くらいのところに大きな病院があること。
しかも信頼できるところ。

それに、夫婦ならふたり共が車の免許を
持っていることが望ましい。

ご主人が入院する可能性があるからです。
病院に通うのにもバスの本数が少ないと大変です。
バスのない土地もありますし。

田舎に来てからでもいいから、免許を取りましょう。
田舎で取る方が簡単なようです。
自動車学校が近くにない場合は、
都会にいるうちにがんばりましょう。
まあ、50ccバイクでもなんとかなりますが。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする