2009年08月11日

真実の田舎暮らしを語ります。

「田舎暮らし」
その言葉に憧れを抱いている人は多いことでしょう。

自然の中でのんびりと暮らす。
山や川、海でたくさん遊ぶ。
畑を作って、新鮮な野菜を食べる。
あれこれイメージを膨らませて、
その実現を夢見ています。

私もそのひとりでした。
そして、1997年より田舎暮らしを始めました。
自然の中で生きるという夢が叶ったのです。しかし……

田舎に引っ越すのは簡単なのですが、
入ってからが大変なのです。

都会の感覚でいたら、イライラ、パニックの連続です。
知らないことが多すぎる。
常識が通らない。驚くことばかりです。
やっと最近慣れてきたところです。

移住する前に知っていたら、どんなに気が楽だったか。
というより、知っていたら、
田舎には来ていなかったかもしれません。

でも、後悔しているわけではありません。
苦労以上に、感動が大きいので、良かったのです。

そこで、これから田舎暮らしを
始めようと考えている方に、
私の経験談を聞いていただいて、
田舎暮らしの「予習」をしてほしいのです。

失敗の無いように、じっくりお勉強して、
感動の大きな田舎暮らしとなるように。

私にとっては、「復習」です。
あれこれ思い返して、
これからの充実した田舎暮らしのために、
書いていきたいと思います。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
posted by 遊酔 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする