2017年08月14日

知らない人が散歩していたら、それは“不審者”。

のどかな田園風景。
旅で訪れた地なら、誰もが散歩したくなるでしょう。

そこにどんな暮らしがあるのかを
ちょっと覗き見したくなるものです。

旅の楽しみ方としては、
上級者のテクニックかもしれません。

しかし、そこに暮らす人びとは、
どう感じているでしょう。

普段、知らない人が入って来ることのない集落では、
ちょっとした事件になってしまいます。

家の窓から、物陰から、
じっと見つめる人たちがいるはずです。

「知らない人=危険人物」という前提で、
警戒するのです。

押し売りか、空き巣か、強盗か。

旅人にとっては、イヤな雰囲気かもしれませんが、
知らない人に免疫のない田舎の人には、
仕方のないことです。

近づいて来るのかどうかを監視しているのです。

何事もなく立ち去ると、安心します。

田舎では、たとえば地籍調査や工事で、
知らない人が入って来ることがわかれば、
集会や回覧板でお知らせしてくれます。

「知らない人が来ますが、安心してくださいね」
というアナウンスなのです。

これを怠ると、集落内が大騒ぎとなってしまうのです。

それくらい警戒心が強いのです。

もし、あなたがIターンするなら、
すぐに区長のところに挨拶に行き、集落の人びとに、
自分の存在を知ってもらうことが大切です。

挨拶もせずに住んでしまうと、
あなたはずっと不審者のままです。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 16:27| Comment(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

“憎っくき害獣”を初体験。

ある朝、我が家の小さな畑に行くと、
そこには信じられない光景が。

50センチほどに伸びていたとうもろこしと
いんげんの葉が、すべて食べられていたのです。

畑には鹿の足跡が。

これまで、我が家の敷地に
鹿が入って来たことはなかったので、
そのショックは想像を超えていました。

と同時に、メラメラと沸き上がる怒り。

鹿は何でも食べるらしいのですが、
ならば、その辺の草を食べれば良いのです。

食べるものがない冬場なら、
人間が里山を荒らした報いだと諦めることもできますが、
食べる草が豊富な夏に、
なぜ人の畑を荒らすのでしょうか。

里山の草より野菜の方が美味しいのかもしれませんが、
人に近づく危険を冒してまで、
来ることはないと思うのですが。

「人と野生の動物が共存できるように…」
などと言う人がいますが、私は被害にあって初めて、
その言葉が偽善であることを実感しました。

食べるものがあるのに畑を荒らすような鹿とは、
共存などできるわけがありません。

野菜づくりを生業にしている人が、「処分してくれ!」
と強い口調で言う気持ちは理解できます。

一所懸命に育てた野菜を食い荒らすやつらは、
敵でしかありません。

さらに私が腹を立てているのが、
とうもろこしといんげんがなくなったら、
次はきゅうりや茄子の葉を食べたことです。

一番美味しいものだけを先に食べて、
なくなると、別の日に別のものを食べるのです。

ある種類だけを諦めれば良いのなら、
別のものを育てるのですが、次々に食べ尽くすところが、
鹿の性格の悪さを表しています。

ミニトマトも実が青いうちは放置しておいて、
赤くなってきたら、それだけを食べるのです。

赤くなってきたら、
「もうすぐかなぁ〜」とワクワクするものです。
作る人間にとっては楽しみなのです。

それを鹿は容赦なく食べるのです。

許せません。

これは戦いです。

生温い理想論など、聞く気にもなりません。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村



posted by 遊酔 at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月14日

寄付金が生活を圧迫する!?

田舎に住むと、
都会では考えたこともない出費が発生します。

しかも、突然のことに戸惑ってしまいます。

これまでの人生で払ったことのないお金を
要求されるので、
何か理不尽なことのようにも感じるのです。

それは、「寄付金」。

「今度、花火大会を開催するので、寄付をお願いします」

「地元の高校の野球部後援会に寄付を…」

「子どもたちが祭りのお囃子を披露するので、
 ご祝儀を…」

「○○小学校の育英会ですが、会費を…」

「社会福祉協議会の会費を…」

「赤い羽根共同募金に協力してください」

「緑の羽根共同募金にご協力を…」

「○○寺が傷んできたので修繕を…」

「○○神社の鳥居を新しくしたい」

「集会所の改築をしなくては…」

これらは、ごく普通に存在する寄付金なのです。

イベント絡みなら数千円で済みますが、
建物の改築などになると、
数万円から数十万円になることもあります。

無いお金を無理強いされることはありませんが、
後々居心地が悪くなることは間違いありません。

都会人の感覚では、寄付は善意でするものですが、
田舎ではほぼ強制です。

「何でそんなお金を払わなくちゃいけないの?」
と思っていても、
「みんなが払っているから払う」のが田舎なのです。

拒否することもできますが、周囲の人と
どういうおつき合いをするかで変わってきます。

親しくしたいのなら、払うしかありません。

田舎暮らしをするなら、
払う覚悟で行くか、割り切るか、です。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村





posted by 遊酔 at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

ダニと共存する勇気はありますか?

ダニに噛まれたことが原因で、亡くなる人がいます。

「ダニ媒介脳炎」
「重症熱性血小板減少症候群 」
「日本紅斑熱」という病気のことをニュースで
見たことはないでしょうか。

特にウィルスを持っているダニに噛まれると危険です。

ダニはどこにでもいて、
ちょっと草のある場所を通るだけで、飛び移ってきます。

服につくだけなら、
家に入る前に払い落とせばいいのですが、
いつの間にか服の中に入り、身体にくっついたまま、
血を吸われたりします。

血を吸われるだけならいいのですが、
その際にウィルスが感染することがあるので、
注意が必要です。

都会にもいるのですが、
そんな経験をすることは滅多にありません。

しかし、田舎に住むと、ごくごく日常的なこととして、
受け入れなければなりません。

どれだけ気をつけていても、
身体にダニがついていることが多々あります。

私など、何度ダニがついていたことでしょう。

腕や脚、首、腹、股間にまで
へばりついていたことがあります。

幸い病気にはなりませんでしたが、
噛まれたところは痒くて大変です。

痕が残ることもあります。

散歩をすると、
ズボンにつくことは毎日のようにあります。

また、外で犬を飼っていると、
犬から移ってくることも多いのです。

最初の頃はイライラしましたが、田舎で住む限りは、
諦めるしかありません。

「身体にダニがついていたら、無理に取ろうとすると、
 皮膚に足が残ったりするので、
 病院で取ってもらいましょう」

という医師がいますが、
ダニがつく度に病院に行っていたら、
家計が圧迫されます。

それほど、よくあることなのです。

しかし、病気のこともありますので、
気になる方は行った方がいいでしょう。

田舎に虫が多いのは当然のことで、
それが耐えられないのなら、
田舎暮らしは考え直してください。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月06日

簡易水洗トイレは、お金が掛かる!

田舎の空家を探していると、
「トイレ:汲み取り式」「トイレ:簡易水洗」という
説明を見かけます。

「いまどき、汲み取りかぁ〜」と、
都会人なら誰もが敬遠しますよね。

ならば、「簡易水洗」では?

簡易水洗とは、少量の水で流して、タンクに貯蔵し、
貯まってきたら汲み取ってもらう方式のことです。

見ためも使い方も一般的な水洗と同じで、
衛生的で何不自由なく用を足せます。

ところが、
この方式では驚くほどの維持費が掛かるのです。

普通の汲み取りなら、
排泄物とトイレットペーパーのみを汲み取るのですが、
簡易水洗では、
流した水も一緒に汲み取らなければなりません。

貯蔵タンクはすぐに一杯になり、
頻繁に汲み取りをお願いすることになります。

地域やタンクの大きさ、使う水の量にもよりますが、
4人家族で1ヵ月5〜7000円程度掛かります。

都会にいた人には、訳の分からない費用ですよね。

トイレを使うだけで、
こんなにお金が掛かってしまうのです。

空家を買うのなら、合併浄化槽の設置をお奨めします。

7〜80万円掛かるかもしれませんが、
行政が半額を負担してくれる場合があります。

後々の費用を考えれば、思い切った方がお得です。

空家を借りるのなら、簡易水洗は避けるべきです。
できる限り、固定費は少ない方がいいでしょう。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

「猟師」と「猟犬」には気をつけて!

田舎では、害獣による農作物被害がひどく、
農家は困り果てています。

自分たちが食べる分だけを育てているところでは、
その対策にお金が掛かり過ぎるので、
作るのをやめてしまう人たちもたくさんいます。

行政が猟師を雇い、害獣駆除に取り組んでいますが、
最近は猟師も高齢化し、若いなり手もおらず、
なかなか進まない状況です。

田舎に住めば、当然、畑を作りたいと思うでしょうが、
野生動物から畑を守る方法を
考えておかなければなりません。
お金も掛かります。

この問題は、限られた地域の話ではなく、
日本全国どこでも同じです。

鹿・猪・猿が害獣の代表なので、
日本中にいます。
避けて通れない問題です。

害獣に関しては、もうひとつ大きな問題があります。
害獣以上に気をつけなければなりません。

害獣を駆除してくれる、
有り難い存在であるはずの猟師さんです。

地域のために頑張ってくれているのですが、
何ぶん高齢です。

山の中で、「物音がしたから」「何かが動いたから」
ということで散弾銃を撃ったところ、
倒れたのは人だった、という事故がよくあります。

判断能力が鈍くなっている上、冷静さを失い、
しっかりと確認もせずに、
山菜採りの人を殺してしまうのです。

ならば、狩猟期間に山に入らなければ良いのですが、
最近は害獣駆除のために、
一年中猟をしている地域もあります。

山に入るのなら、
ラジオや鈴を持って行く方が良いかもしれません。

もうひとつ、注意することがあります。

猟犬です。

基本的には躾けられている犬なので、
人を襲うようなことはまずありません。

でも、非常に言いにくいのですが、
田舎のじいちゃん猟師の中には、いい加減な人もいます。

躾が適当なこともあります。

そんな犬が放たれるのですから……。

また、人に危害は加えなくても、
飼い犬を襲うことがあります。

犬同士には相性があるので、躾云々は関係ありません。

猟犬に飼い犬を殺された方を私は知っています。

犬を連れて散歩している時も、注意が必要です。

犬同士がケンカになると、
止めようとする人に噛みつくこともあります。

興奮すると、自制が効かなくなるのです。

犬同士はケガをしない程度にケンカをする、
などと言うエセ愛犬家もいますが、
信用しないでください。

非常に危険な状態となります。

いなくては困る猟師と猟犬ですが、
猟をしている時は近づかない方が良いでしょう。



■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。



posted by 遊酔 at 10:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

“水”の近くに住んではいけない。

前回、南海地震の不安を抱えている、と書きましたが、
まさか他の災害に見舞われるとは思っていませんでした。

2011年9月4日。紀伊水害。

地元の日高川が氾濫し、多くの家が浸水。
流された家も数多く。

日高川町内では、3名が亡くなり、
1名が行方不明のままとなっています。

我が家は、川のすぐ横に建っていたのが災いし、
家ぎりぎりまで、土地が流されてしまいました。

あと10センチという箇所もあり、
家自体は無事だったものの、住めない状況となりました。

幸い、地元町会議員の口添えもあり、
土のうを積んで仮復旧する工事は
してもらえることとなりました。

しかし、工事に2ヵ月を要し、その間、私たち家族3人は、
ひとり暮らしをしている私の母親宅に居候することに。

仮復旧が終わったとしても、本復旧工事は未定なので、
先が見えない不安で、イライラは募るばかりでした。

2ヵ月経って自宅に戻ったものの、
仮復旧状態の土地で暮らすのは落ち着かず、
イライラは解消されていません。

先日の台風でも、非常に不安な夜を過ごしました。


家の前が山なので、土砂崩れの心配はありましたが、
まさか川側の土地が流されるなんて、
まったく想像していませんでした。

土地と川の高低差がかなりあったからです。

それまでの大雨で水位が上がった時にも、
余裕がありましたし、今回も水は家の高さまでは
上がっていないのです。

水の勢いで、下の方からえぐられたのです。

深夜1時半、車で近くの公園に避難し、
朝戻ってみたら、土地が無くなっていたのです。

家が残ったのは偶然のことで、避難していなかったら、
私たちも流されていたかもしれません。

土地がえぐられた光景を見た時は、
本当に信じられませんでした。

“これは夢か?”という表現をよくしますが、
まさにこのことだったのです。

悲しいとか、辛いとかは、まったく感じないのです。

何のことだか、理解できないのです。

信じたくないという気持ちが、夢であって欲しいと、
無意識に思わせているようです。

そこで考えたのは、
「もうここはダメだ。家を探さなくちゃいけない」
ということ。

意外と冷静でした。

というより、感情が無くなった
と言った方がいいかもしれません。


2ヵ月間仕事もろくにできず、
母宅と自宅を毎日行き来していました。

いまは、自宅で眠れることは幸せだと自分に言い聞かせ、
本復旧工事のことは考えないようにしています。

東日本大震災に比べれば、
私の被害など、大したことではありません。


今回の水害で、田舎暮らしで注意すべきことが、
またひとつわかりました。

“水”の近くに住んではいけない。

川の大きさ、水位、流れる方向など、
いろんな条件はありますが、
川のすぐ近くには住まない方が良い、
ということです。

特に、地元の人が住んでいなかった場所には、
注意が必要です。

住んでいなかったのには、理由があるはずです。

川が氾濫したことがあったり、
土地が流されたことがあったり。

そんな土地を造成して、
移住者向けに販売していることがよくあります。

実際、今回の水害で流された家や
床上浸水した家の多くは、そんな土地に建っていました。

川の近くは風景が良く、魅力的に見えますが、
地元の人の家が無いなら、やめた方が良いのです。


「水の近く」は、川に限りません。

東日本大震災でわかったように、海の近くも恐いですし、
「山の谷」にも気をつけてください。

谷のどこかには必ず“水”が流れています。

ということは、大雨になると水が集まる場所となります。

水害だけではなく、土砂崩れも起きやすいのです。

谷から下の扇状地と呼ばれる場所で、
土砂災害が起きている映像をテレビでよく見るはずです。

この場合は、地元の人が住んでいても、危険な場所です。


このように、
“水”のある場所は避けなければいけません。

憧れの田舎暮らしですから、風景も大切な条件ですが、
まずは「安全」です。

「安全」が保証されなければ、
田舎暮らしを楽しむことはできません。


追伸:我が家は、支援金も義援金も
   いただくことはできませんでした。
   「床下浸水」以上の被害が対象だったからです。
   床下浸水は掃除をすればすぐに住めますが、
   私たちは2ヵ月間避難生活をしたのです。

   愚痴ではありませんが、参考までに。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング




posted by 遊酔 at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月09日

災害の可能性が低い土地を探す。

和歌山県に移住して、14年。
ほぼ満足できる田舎暮らしができています。

しかし、6〜7年前から大きな不安を抱えています。

土地探しを始めた頃から、移住して7年ほど経つ頃まで、
まったく知らなかった事実があるのです。

「南海地震」の可能性。

聞いたことも、何かで見たこともありませんでした。

何十年も前から予想されていたことなのに、
テレビや雑誌で伝えられることはありませんでした。

どうして政府は、
もっと広報してくれなかったのでしょう。

初めて知ったのが、6〜7年前なのです。

後悔まではしていないものの、
常に不安を抱えたままです。

地震のことを知っていたら、
和歌山には移住していませんでした。

進んで危険を冒すこともありませんからね。

誰も教えてくれなかったと、
子どものようなことを言うこともできず、
すべては自分たちの責任です。

もっと詳しく調べておくべきでした。

地震ですべてを失うかもしれないのです。
憧れの田舎暮らしが崩壊してしまいます。

あなたには、そうなって欲しくありません。

充分な下調べをしてから、
慎重に移住先を決定してください。

地震・崖崩れ・津波_液状化・河川の氾濫・
土石流・竜巻……とことん調べてください。

役所・役場に出向けば、データは揃っているはずです。

地域にとってマイナスな情報は、
隠そうとするかもしれませんが、
命が掛かっていることを説明して、
こと細かく聞き出してください。

楽しい田舎暮らしを始めるために、
絶対にやるべきことです。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。

ブログランキング


posted by 遊酔 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

集落には、いろんな問題が起きる。

やって来ました、新年の地区初集会が。あ〜あ、イヤだ。
といっても、会計報告と区長・副区長・班長決めなどの
簡単な話で終るのですが。
いつもなら、3〜40分で終りです。

が、今年は違っていたのです。
まさかこんなことになろうとは、
誰が予想したでしょうか。

会計報告が終り、つぎに区長決めです。
これは前もって選出されており、
それを承認するだけなので、すぐに決まりました。
パチパチパチ。

そして次です、問題は。
新区長が、副区長を指名し、それを承認するのです。

まわりは“それでいい”。
本人も“ぼくで良ければ”となったのに、
ひとりの長老が、「○○(名前)は、まずいんちゃうか」
と言い出しました。本人を目の前にして。

過去のことらしいのですが、
「○○は、何でも勝手にやってしまうクセがある。
 みんなで相談せんとあかんのに」。

そう言われると、本人の顔も赤くなり、反論し始めます。
これは当然でしょう。
みんなの前で侮辱されたのですから。

すると、長老はしゃべりまくり、怒鳴り出す始末。
昔のことをあれこれ持ち出し、あげくの果てには、
その人が役場に勤めていたということで、
「役場にいた人間はあかん」とまで言うのです。

その場にいない役場勤めの人の名前まで出てきて、
「あいつもあかん」です。

もう一人の長老が“まあまあ”と治めようとしても、
「おまえは財産区の区長で、行政区の区長違うやろ。
 何偉そうにしゃべっとるんや」となりました。

♪もう、どうにも止まらない♪(かなり古い)

「慌てて決めんでも、選考委員を選んで
 じっくり決めればええ。おまえらは、
 なんで一人の意見を押さえつけようとするんや」。

誰も1人の意見を無視して、決めようとはしていません。
こんなことを言い出すと、何も決まりません。

私まで腹が立ってきました。
“区長が決めたんやから、それでええやないか。
区長を承認したやないか。それやったら、従えよ”。

その人が、悪いことをしたとか、
信用できないということでは無いのです。
他の人は、その人にお願いしたいのです。

こうなっては、その人にはお願いできなくなりました。
そりゃそうです。
本人もそこまで言われては、やりたくはありません。
あまりにも失礼です。

長老だからといって、
怒鳴って威圧するのはよくありません。
他の人の声さえ、聞こうとしません。

これでは、集落の決め事はまとまらなくなります。
どうにもこうにも収拾がつかなくなり、
後日相談ということになりました。やれやれ。

さて、その席に新移住者がいたのです。
ご夫婦で来られたのですが、
さぞかしイヤな思いをしたことでしょう。
来て早々、田舎の泥臭い場面に遭遇したのですから。

まだ、住民票を移されていないとのこと。
考え直すなら、いまのうちです。
特にこのご夫婦の住まいは、
密集しているところですから、可愛そうに。

移住するなら、集落から離れましょう。


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

餅まきなんか、行かないぞ。

田舎のおばはんは、恥も外聞も無い。ドあつかましい。
あまりのことに、呆れるやら、腹が立つやら。

何のことかって?
集落の“餅まき”に行った時のことです。

全国各地にある風習ですが、
正月用(?)のお餅をみんなで拾うのです。
なぜか、お菓子やカップラーメンがあったりしますが。

子供たちの何人かが前の方に座って
一生懸命に拾おうとするのですが、
まわりのおばはんたちが、
あまりにもひどい取り方をするので、
怒鳴りたくなるほどだったのです。

お餅はいいとしても、
スナック菓子の小袋が何個かまとまって投げられた時、
1人の子供の前に2ついっしょに落ちたのです。

子供が取ろうとした瞬間、
あるおばはんが2つを一度に取ってしまったのです。

普通、そんなものは子供に取らせるもんでしょ。
せめて1つは取らせてあげようとするでしょ。
その気配がまったくありませんでした。

その素早い動き、というか汚なさを見て、
もう呆れ返りました。1人や2人ではありません。
その場にいるおばはんの半分以上が、そんな状態です。

その年は行くのをやめようかとも思っていたのですが、
同じ移住組の人に誘われたので、
仕方無く行ったのです。

やはり、都会人にはそんなマネはできません。
恥ずかしいのもあるし、
そんな浅ましい姿を人に見せるなんてできません。

移住組は、目の前に落ちたものだけを
そろりと拾い上げるだけ。
よって、あまり収穫はありません。
一部のおばちゃんたちは、
そんなハシタナイことはできないようでしたが。

中には、私の足もとに来たものまで手を延ばす
『ばばあ』もいました。

このばばあは、場所をどんどん移動して、
あちらこちらで強奪を繰り返していました。
おばはんとも呼べないほどの悪(わる)です。

また、一部のおっさんもおばはんに変身していましたが、
やはり男にはなかなかできないことでしょうか。
ほとんどの男たちは、ゆっくりとした動きでした。

私の息子は、お餅少々とスナック菓子の小袋1つ
しか取れませんでした。

投げる人たちは、子供たちの取れるような場所に
落としてくれているのに、これだけだったのです。
他の子供たちも同じようなものでした。

おばはんたち及びばばあは、スーパーの袋いっぱいに
獲物を詰めて帰って行くのでした。
もう、行かない!


■ブログランキングに参加しています。
 1クリックをお願いします。
ブログランキング
posted by 遊酔 at 10:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 真実の田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする